男性

土壌汚染調査は義務です|しっかりした家を建てよう

改良法がある

工事現場

建築のためには地盤が重要

どうしても地盤の強度が不足するようであれば、地盤改良を行って強度を増す必要があります。地盤の強度を十分に保つことができなければ、地震等で大変なことになりますので、地盤調査を行ったうえで、適切な地盤改良が必要です。日本の国土はそもそも地盤が強固と言えますが、土地不足のため、本来建築に適さない土地まで建設用地にしてしまっているため、強度が不足する土地が多数見受けられますので、地盤改良工事は重要です。

最も安心な地盤改良工法

地盤改良を行えば軟弱地盤に対する対応は可能になりますが、それですべてが解決するわけではありません。一つは強度が十分かどうかという問題です。柱状改良にしても鋼管杭改良にしても、軟弱地盤への対抗措置にすぎませんから、それで十分かどうかは分かりません。少なくとも、軟弱地盤ではない土地に比べると脆弱であることは否めません。それでも、必要な措置を施すことによって、施設を建築する上での強度を保つことはできます。いずれの改良工法を採用するとしても、地盤改良を行っておけば、少なくとも、最悪の事態を免れることはできるでしょう。そのために、ほとんどの建築業者はできるだけ安全な地盤改良工法を採用するようにしているのです。

問い合わせてみよう

昔、有害物質を使用していた工場や施設でも土壌汚染調査をしなければなりません。体に影響がでるなどのトラブルに発展してしまう可能性もあるので、予め土壌汚染調査の専門業者に依頼しておくのが賢明です。実績のある業者なら安心して任せることができるでしょう。ウェブサイトでは無料で資料を請求できる業者もあるので、はじめて頼むなら利用してみるのも一つの手です。24時間電話対応しているところもあるので、手が空いた時に問い合わせることができるでしょう。

作業道具

地盤にも注意が必要

地震大国といわれている日本では建物だけでなく、地盤も調査しなければなりません。土地の名前で判断することもできますが、専門業者にしっかり調べてもらった方がいいでしょう。

2人の作業員

耐震性は地盤にも必要

耐震性の強い家だけを建てても、地盤を強化しなければ意味がありません。せっかくマイホームを建てるなら経験豊富な専門業者に依頼して地盤にも耐震性を備えるといいでしょう。

工事

快適に暮らせる

住宅を建てる際、地番調査により、軟弱地盤と判定された場合には、地盤改良工事を行う必要があります。強度レベル地震に負けない家を建てれば快適に住むことができるでしょう。